思い出したこと

米国の大学院でクラスメートだったアンナからフィリピンに来るという連絡を受けたのは1月中旬のこと。島国フィリピンのあちこちを回るため、彼女のマニラ滞在の日は限られていた。私も不在の日が続きマニラで会えるかも定かでなかった。旧正月後の2月に入ってから再会が叶った。

15年ぶりだった。互いの近況や共通の友人のキャッチアップで話も弾む。北欧出身のアンナは文字通り世界を股にかけて、絵に描いたような国際派キャリアを歩んでいる。卒業後、メキシコで1年働き、ニューヨーク、 ワシントンDCと移り住んできた。出張で訪れたアフリカの国の数はカウント不能なほど。とくに内線下のシエラレオネに2年間をよく生き永らえたものだと振り返る。そんな彼女が行ったことのない国は意外なことに、インド、スリランカ、ブータン、日本だとか。

フィリピンは3回目。10年ぶりだと肩をすくめて話す。フィリピンは、文化の香りや美術館が少ないかもしれないけれど、英語が通じることを除いてもスペインとアメリカの名残もあってか easy country だと明言する。人はストレートだし、思ったことをそのまま話すし、妙に気を遣わなくていいので気が楽だと話す。(そりゃアフリカに比べればそうかもしれないけど、フィリピンならではの苦労もあるのだよ、アンナ。。)

アンナと出会った学校はプロフェッショナルスクールだったので、職務経験を経てから来る学生が殆どだった。その多くは3年ほど働いた経験を携えた20代後半から30代の学生で2年のコースだったが、アンナのような中堅ベテランもいた。そういう人向けに、7年以上の職務経験のある学生は1年でコースを修了できる制度があった。すでに開発業界で働いていた彼女は、入学は私と同じ2000年だったが一足早く2001年5月に卒業していった。その5月、NYの国連ビルを彼女が案内してくれた。イーストサイドで自分が働く姿はとても想像できなかったけれど、その後、転じて国際協力の仕事をしているのは不思議な縁を感じざるを得ない。おそらくその原点はまさに彼女と出会った学校での2年間にあったとことは間違いない。15年たっても変わらない彼女を見てそんなことを思い出した。そして奇遇にも、今の彼女の同僚には、私の知人や元同僚が二人いる。まさにsmall world 、またの再会を期してその日まで頑張ろうとエネルギーが湧いてくるのを感じた。友情の有難みをしみじみ感じた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター