もがいていたこと


3月はフィリピンでは夏の始まりである。去年の2月末、冬の東京からやってきてまず、生活基盤を整えることから始まった。最初は住む場所を探し始めた。いくつかの不動産業者に連絡を取り、物件を見るところから始まった(6社に連絡したが返事がきたのは4社、そのうち対応がよかったのが3社、実際に案内されて回ったのは2社)。といっても仕事の合間の時間を使って、すなわち毎週末の土曜日か平日の昼休みに見て回った。いったい何件見て回ったことだろう。最初は3地域を回っていたので渋滞もありかなり時間がかかった。物件をみていくうちに自分の好みが分かってきた。というのも、譲れない要素として(1)方向(東向き、西日に無縁な角度)、(2)眺望(部屋の向きによって眺めが大きく変わる)、(3)高層階であること(低い方が車の騒音から逃れられる)だとわかった。これは意外だった。地震国からきた身としては低い階を希望していたのだが、すぐさま「いま出回っている物件から探すしかない」という現実にぶつかった。そのうち、新しい視点が加わった。空気があまりきれいではないので、窓は車の少ない土曜日の数時間しか開けない。となれば高層階のほうがいいということ、また低層階は道路の騒音もありあまりお勧めではないこともわかってきた。そもそも高層マンションに住むのが初めてだったのだ。

地域を絞ってからはここなら住めそうという4件ほどに絞った。その先は大屋さんとの交渉に入る。交渉内容は家賃もさることながら、敷金(みたいなもの)を何か月分にするかというものまである。1-2か月が相場だが、こればかりは大屋さんによる。こちらとしては戻ってくるかもわからない敷金は最小限の1か月分で抑えたい。しかしもっとも大きな交渉要素は家具や備品。家具付きの部屋なので、あれを置いてほしい、もしくは取り除いてほしい、という千差万別のリクエストに対して大屋さんが対応する。こればかりはもう根比べと柔軟性の勝負になる。日本人の美徳でもある遠慮や配慮はまずここでは生きないことも学んだ。こんなことまで頼んでいいのだろうか、といった遠慮は無用。言っても応じるかは相手あってのことだからダメ元で言ってみるか、最初から何も言わずに我慢するかの選択になる。私は某インド人が、家を借りる条件として庭に池を作らせたと聞いてからは、そこまで頼めるのかと密かに感心したと同時に、とりあえず言ってみようと思うようになった(もちろん言い方は大切だが)。ちなみに、フィリピン人だと海外(中国か米国)に住む大屋さんも多く、大屋さんの代理人(兄弟姉妹か友達)が対応している。その場合、確認とひと人手間が入るので、どうしても時間がかかる。私の大屋さんは、共働きのフィリピン人夫婦で同世代だったのと、彼らも海外に住んで家を借りていた経験があったので、あまりもめることもなく助かった。正面切って条件を話していながら、内心は穏便にできれば早く済ませたいのは双方同じだと思う。

車の手配も最初はどうしたものかと思ったが、マニラの渋滞をみて自分が運転できるわけでもなく車を持つ気も失せてしまった。結局、Uber(アプリで呼ぶ日本のタクシーに相当)と仲間とのカーシェアリングで今のところ何とかなっている。自分の所有物はミニマムで過ごす信条で過ごしている。これはマニラというよりは、東日本大震災の影響かもしれない。

大きな気づきは、そもそも「普通がない」だった。子どものころから正解を導く傾向の強い日本の教育を受け、社会に入っても片足を外国につっこみながらも主軸は日本だった。そのため、好き勝手に生きてきた私だが、所詮は日本の海でもがいていたに過ぎなかった。フィリピンに来て、生活でも仕事でも「日本人の自分」をいやというほど実感したのは、「普通はどうするの?」と考える時だった。それを聞くと、フィリピン人や非日本人からはかえってくる答えは「It depends」「案件ごとに違うし、決まりはない」「知らない、一概にいえないから」に集約される。おそらく私と同じ道(思考回路)を辿ってきたであろう日本人の返事は「ここでは普通は存在しないと思った方がいい」だった。彼らもおそらく当初は普通を求めそのうちに悟ったに違いない。いろいろあるのだから、普通を求めても仕方がないし、そもそも意味がない、と。1年たち、ようやく自然に普通を求めないようになっていた。こうなるまでに実に1年かかったのだ。

マニラに来て1年ーーもう1年とも、まだ1年ともいえる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター