久しぶりにUberに乗る


Uber「相乗り」に乗った。アプリでUber を予約しようとするとUber X とUber pool(相乗り)が出てくる。相乗りサービスはマニラに来
た一年前はなく、昨年11月頃に始まったサービス。相乗りだと支払うお金が一人乗りに対して4割ほど安くなるようだが、実は相乗りは初めてだった。金曜日の夜は渋滞最高潮の時間帯なので、Uberを呼んでも一人乗りUberがなかった。こういう時はno uber is availableとメッセージが表示される。そこで相乗りのリクエストに切り替えるとすぐに一台見つかった。

5分ほどしてUberに乗り込んだ。重い荷物もあったのでやれやれと思っていると、「途中でもう一人乗せます。」と告げられる。
ちなみにこのドライバー、予定の場所で待っていた私を見つけるのに随分かかったのに、同じく見知らぬ次の乗客は走りながら不思議なほどいとも簡単にみつけた。タガログ語で彼とテキストでもしていたらしい。ともあれ、ほどなくして赤いTシャツ姿の青年が乗りこんできた。しかも後部座席の私と荷物を見るとすぐに前のドアを開けて助手席に陣取り、運転手とタガログ語で話し始めた。
「どこに行くの?」
「Makati」
「じゃあpioneerにいく僕が先だね」
と話していた模様。

そこはフィリピン人、英語にすぐにスイッチする。
「Are you Japanese? 」
この手の質問は飽きるほどされてきた。通りすがりのフィリピン人から受ける定番の質問。
「その質問、Urberやスーパーでよく聞かれるのよね。韓国人、中国人、日本人って。もし韓国人だったらどうなワケ?」
こちらとしてはほとんど現地調査のノリ、インタビューに近い。
「僕はCAなので、国籍によって会話の内容、対応の仕方を変えます」
としれっと話す。キャビンアテンダントと言われると、Tシャツの後姿が急にイケメンに見える。が気のせいかも知れない。
「その各国人はフィリピン人からすれば違うの?どう映るの?」
「日本人はdisciplined 、韓国人はalways in rush, 中国人はtalk a lot」
ステレオタイプのようにも思うが興味深い観察だ。

「じゃ僕はここで」
と降りていった。その後、ドライバーが
「お客さん、Uberは初めてですか?」
「Uberは時々使うけれど相乗りは初めて」
「そうだと思いました。私もUber始めて2か月です。だからマニラの地理に詳しくなくて」
こういうドライバーは多い。Uberだけでなくレンタカー会社のドライバーもそうだ。ちなみに、マニラのタクシーは車体が古くドライバーも当たりはずれが多いので、Uberやレンターカー会社(空港や遠距離の配車サービスをする)を私は使うことにしている。

「お客さんを降ろしたらカビテに戻ります。家はカビテなんです。」
カビテはマニラから 50km弱、車で1時間半強である。東京から横浜くらいだろうか。マニラ外のprovinceに住んでおり、Uberの仕事でマニラに来るーこういうドライバーもまた多い。マニラではUber需要が格段に高い(この背景にはBPOもひと役かっている)。Uberドライバーはそれなりのきれいな車であることが条件なので、まず車を購入すると元が取れないと成り立たない。そこでUberのドライバーが増え、マニラ参入のドライバーと車も増える。結果、マニラの渋滞が加速される。

「一晩休んで明日に備えます。明朝7時からまた運転です」
フィリピン人は全体的にゆったりしているけれど、働き者も多い。(ただし段取りや効率はあまり考えない印象だ。)
Uberを通してフィリピンの世相が垣間見えて興味深い。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター