がん教育


1980年代、千葉敦子さんというジャーナリストがいた。プロとして第一線で働く女性が少なかったあの時代に、仕事を生活の柱に据えて生きた国際人でもあるジャーナリスト。自他ともに認めるフェミニストだけあって、男性に依存して生きる女性に対して厳しい反面、表面的な女性らしさのみを求める日本の男性社会にも辛辣であり、かつ敢えて距離をおいていた。しかし彼女が命をかけて闘っていたのは、がんだった。プロとして仕事に重きをおいていた方なので、病気になっても仕事を辞める選択肢は皆無。それどころか病と闘いながら仕事のペースを落とすことなく、納得のいくがん治療を受けながら仕事をするために東京からニューヨークに拠点を移した。何回かがんを再発しながらもフリーランスジャーナリストとして活躍し続けた。晩年は、仕事をしながらがんと向き合う日々の生活や闘病生活を描いた著書も多い。学生時代、彼女の著者をほぼ全部を読んだように思う。その著作のひとつ、『乳がんになんか敗けられない』には当時の心情が綴られている。彼女の批判と提言の矛先は、病気やがんを人に言わない(言えない)閉鎖的な日本社会と、がん患者への十分な説明の努力を怠る医師や病院に向けられていた。

今日のNHK「あさイチ」では、親子で考えるがん教育、と小中高校でのがん教育の特集だった。今や日本人の3人に1人がなるというがん。しかし患者が増えた割には、日本はまだがん検診の受診率の低い(米国は8割に対して日本は4割)ことや、病気に対する無知や理解のなさで退職を強いられるケースを紹介していた。がんについて知識をもっていることで不安や心配も軽減される、自分でなくても家族ががんになったときでも知識があることで家族のがんの受け止め方、心の持ちように違いが出てくるため、がんの早期教育が全国で始まりつつあるとか。がんになった人がどのように社会復帰してきたかなども取材、放送していた。がんであることを人に言うことでサポートを得られやすくなる、という経験も紹介されていた。がんは予防や生活改善が必要なこと、がん検診の重要性、何よりがんは当たり前の病気であると、がん教育で語られていた。

つくづく時代はかわった、と番組をみながら感じた。少しずつだけと確実に時代が動いている今の日本。千葉さんが若い頃は望むべくもなかった、女性が当たり前に働く社会になりつつあるし、病気やがんの情報がオープンになり堂々と話すことができる―いずれも千葉さんが生きておられれば間違いなく喜び待ち望んでいた時代が、彼女が逝って40年経った今、ようやく実を結び始めているかのようだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター