FC2ブログ

同僚の退職

夕方、同僚と雑談していたら彼女の退職話になった。他部署への異動かと思ったら6月に退職だという。理由はpersonalなもの。個人の事情―こう書くと深刻に響くがなんてことはない、一身上の都合、とでもいおうか。新職場は欧州某国の組織で、両親の家にも電車で2時間の距離と近い。

彼女は家族と5年近くマニラに住んでいた。引っ越すとなったら、賃貸で住んでいる家の引き渡し、子供の学校、旦那の仕事の調整、荷造りと引越し、などやること山積み、と続ける。不思議なことに、そこに、今している仕事の引継ぎの話が入るすきなど一切ない。これは彼女に限らず、これまでの退職者を見てきても共通している。無責任なのではなく、役割分担が明確なのだ。疑問をはさむ余地もないほど、明確すぎるとも言える。

では誰の責任になるのか。管理職マネージャの仕事である。
急な退職や休職、病欠等は不可避で予測不能なこと。発生した以上、その状況に対処して仕事を割り振るのはマネージャーの仕事であり、極論すれば担当者はしったこっちゃない。私が入った時も、マネジャーが担当者の一仕事をしていて不思議に思っていたら、急にスタッフが退職し、しかもそれを割り当てる人がいなかった(みな手一杯だった)ということでマネジャ―自ら仕上げるしかなかった状況だったとか。

ちなみに、フィリピンに住む欧州人は文化的環境と子供の教育環境に気を配る人が比較的多いとの印象である。程よく繊細で理性的な彼女は、特にその傾向が強かった。ただ私とはとかく気があっていた。仕事をする上でも一本芯の通った、軸のぶれない人だった。マニラの計画断水の話をしていた時は、「時々、ここでの生活に耐えられるか不安になるのよね」とため息をしいていた。この辺りは彼女の繊細さの表れだが、一方で着々と欧州での仕事を探していたとはさすがである。

「この時期に面接に、欧州まで行ったの?」
「まさか、Skypeで済んだわよ」

彼女に限らず、個人の事情を最優先してサッとやめる人も多い。ひとえに個人と家族の事情と天秤にはかり、その時に自分と家族にとってベストと信じる方を選ぶ。そこにはあるのは、合理的計算と判断に基づいた一個人の選択と決断。引き際とか潔さという説明の入る余地もない。周囲もその選択を尊重する。同僚や上司に理解してもらう必要もない。個人の選択に対してとやかく口を出すことは決してしない。野暮なことはなし。だからか、お別れ会を開いても笑顔のみ、そこに涙はない。そうした環境は、何とも清々しく、気持ちよい。同時に、そこはかとない一抹の寂しさも微妙に入り混じる。これは私が日本生まれの日本育ちだからだろう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
途上国と開発援助、農業・生態系、少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき、海外ドラマ

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター