釜めし


いまだホテル住まいの身。目下の悩みが毎日の食事。特に夕食など普通に料理ができないどころか、野菜不足と口に合うもの不足に陥っています。野菜はいいんです、何とかランチでカバーすることもできるもの。しかし土日や夕食を毎日毎回外食する気にもなれず(外出しようにもマニラは夏、暑いんです)、もはや悩みを過ぎて、まぁいいか~的なやり過ごし(あきらめ?)モードになっています。

野菜やビタミンが足りないだけでなく、普通の食事や粗食が食べれない環境。ここで「普通」とは何かという問いになります。要は食べ慣れてきたサッと簡単に用意できるものと言いたいのですが、理屈はともかくとして早く生活基盤を落ち着かせたいところです。ところで私は女性にしてはしっかりがっつり食べるタイプで、どんなに忙しくても食事と栄養はきちんと摂るよう心掛けてきました。それが今や。。

そんな時、スーパーで、隠れたようにしかも売れ残り同然で売っていたものが目を引きました。どこに行ってもマクドナルドとかインスタント食品はまず食べない私でしたが、この「釜めし」の字に惹かれ即買い。3週間ほどおいていました。今日恐る恐る開けてみると、「線まで水を入れレンジで6分、蒸らし2分」と指示通りにしたら
takimeshi.jpg takimeshi2.jpg

いや、おいしいのなんの。これこれ、こういう味に飢えていたのでした。
そこで今日お店に向かい、同じもしくは似た商品を探したのですが、売れ残りだっただけありもはやどこにも見当たりません。
いや、この満足感で1週間はがんばれそうです。

おつり


日本からマニラあてに郵便局よりEMSで荷物を発送していました。
その荷物が到着したらしく、書類へのサインと手続きの経費105ペソを求められたのが2日前。夕方、無事に荷物が職場に到着。みかん箱ほどの段ボールだったのですが、その上に何やらいぶし銀の物体が?

ESM_.png

箱に無造作に貼り付けられているのは 5ペソ硬貨
おそらく110ペソ払ったのでしょう。「おつりはあとで」とはこのことだったのかと。こういうゆるさは楽しめます。

holy week


フィリピンはholy weekに入った今週。イースター休暇ということもあり今日もしくは月曜から休みを取る人が多いようです。

木曜、金曜はホテルも休みになり(滞在はできるが掃除やレストラン等のサービスは全部とまる)、モールもしまります。そして渋滞。ただでさえ悪名高いマニラの渋滞は unpredictable (予測不能)なうえに最近 はgetting worse (日増しに悪くなる)と言われています。こうした休みシーズンは渋滞に拍車がかかります。

フィリピン人は家族に会いに故郷に帰るか旅行に出てしまい、マニラに住む外国人は一気に国内外に旅行に行くか、遊びに来る家族をもてなす場合だけマニラに残るようです。だいたい小さい子どもや赤ちゃんのいる家庭は移動が大変なので残るパターン。移動可能な場合は早目にメトロマニラを脱出。ということで、holy weekにマニラにいても仕方がないので私もメトロマニラを飛び出すことにしました。空港につくとこれまたすごい列。日本のお盆のようなものでしょうか。

それにしてもフィリピン人の買い物と旅行好きはすごいと思います。一時期、香港やフランスでブランド品を買いあさっていた日本人の再来、とでも言いましょうか。いやそれ以上ではないでしょうか。モールにも Ebdless shopping の垂れ幕が。ものをひたすら減らそうとしている私にとっては、訴えるものがあまりありません。ちなみに成田空港では、日本はEndless discoveries と謳っています。

日本も最近は人気の旅行先。近いし今は桜シーズンということもあり、近年はフィリピン人の観光ビザのバードルが下がったらしく、日本に行った(それも何回も)という話を聞きます。行き先を聞くと、大阪が多く、次いで東京、京都、名古屋が多いようです。
「日本の食べ物、おいしいね。たこ焼き、お好み焼きいいね~」
「シャンプーの椿、あれを買い込んだ」
などと話しています。それでも白い恋人のクッキーを知っている人にはまだ会っていません。

周囲のフィリピン人を見ていると、妙に人生を楽しんでいるように思います。私も気楽にがんばります。

創作料理?


マニラに来て3週間目に入りました。今はホテル滞在なので、近くのモールでいろいろなものを試しに食べてみています。今日は初めて、えらく混んでいることもありいかにも怪しげな日本の料理のお店に入ってみました。

創作料理と呼ぶには物足りないほど、あれこれと日本の料理を大胆にアレンジして出しているこのお店。フィリピン人受けするのが店内は満席。

まずは豆腐サラダを注文したところきたのがこれ。
ooma_convert.jpg
丸く見える白いものが豆腐だが、何だがサラダとも豆腐とも違う気がするがとにかく食べてみると不思議な味。サラダを食べた気がしないがまあいいか。

次に出てきたのがウナギ巻きというものとみそ汁。
ooma1_convert.jpg <ooma2_convert_.jpg
日本を出て最初に食べた味噌汁だがこれはわりと美味しかった。普通の味でよかった。よくあるのが、ダシの味などなんのその、味付けがしょっぱいとかこれはなかろう~という味付けの濃い「日本」料理だが、この味噌汁はそれほどでもなかった。

最初は出されたスプーンで味噌汁を食べていた(と言いたくなるほど具が多かった)が、食べにくいので「ええい、私は日本人なんだ~」とお箸で普通に食べてしまう。気のせいか、「あの人、日本人だよね?」といいだけな視線を感じてしまう。私にはすぐさまお茶が出てくるし(ほかの人は冷たい水)、お茶をおかわりしているし(ほかのお客はジュースで、熱いお茶のお替りなどしていない)、注文している料理も天ぷらや独創的などんぶりやうどんが多く、私の豆腐料理など不人気のメニューなのか誰も頼んでいないようだ。

それにしてもラーメンブームなのか、マニラ市内だけでもラーメン店は数軒あるし、日本のお店もちらほら―天や、さぼてん、吉野家、サンマルクカフェなど。でも今恋しいのは普通の駄菓子類やせんべい、カルディのお菓子や日本のカップラーメンの類、そしてサラダなどの野菜類。はやく普通の生活に落ち着きたいところ。

ダッカでの実験

はや、7月も下旬になっています 
このところ暑い日が続いていますが、今日で関東も梅雨明けとのこと。今の東京並に暑かった5月のダッカ。前回よりしばらく間があいてしまいましたが、もう少しダッカのことを書いておきたいと思いますのでお付き合い下さい。

この度のダッカ行は、いつもの出張とはやや違うものでした。
会議や業務のための出張ではなく、自ら乗り込む調査研究でもなく、かつて仕事をしたご縁でご招待いただいたネットワーク会合への参加でした。ご招待ということは、何から何までお世話になることを意味します。

そして、私のような参加者が30人ほど、しかもアジア・アフリカから来るわけですから、迎える側からすれば大変な準備作業でしょう。ダッカまで30通りの旅程があり、それに伴い各参加者とのメールやり取りがあります。フライトの手配、空港までの送迎のアレンジ、ビザ発行の手続き、ホテル滞在日の調整(皆が同じスケジュールではないので)、食事(ベジタリアン、豚肉はダメ、など)の予約などなど。旅行会社やホテルから参加者にメールが来ることもあるのですが、メールのやり取りでどうも意思疎通がうまくいってないなモードになると、すかざす事務局の出番で、交通整理が始まります。

肝心のプログラムが直前まで送られてこなかったことも、事務局の抱える作業や応対の大変さを示していました。また、ダッカは金土曜日が週末ですが、このプログラム上では休日はありませんでした。それでも時々お祈りの時間を設けていましたから、参加者の宗教についても配慮していたと思われます。主催者の中には、かつての仕事仲間として旧知の再会を楽しみにしていた二人がいましたが、事務局にとっては、おそらく私を含めて参加者全員が初対面だったに違いありません。だから、メールの質問をしても、その質問の意図が読めないことも多々あったのではないでしょうか。実は私も、宿泊するホテルが同じか違うかも含めて2009年のダッカをあまり覚えておらず、しかもダッカもここ数年で大きく変わったかもしれないと思い、「ホテルの部屋にアイロンはありますか?飲料水は?」などと聞いては手を焼かせていました(ちなみに返信はなく)。結果、携行アイロンは持って行って正解でしたが、水は要りませんでした(ティーパック持参はベター)。

こちらも、主催側のてんてこ舞いが想像できるだけに、何とも有難く、また何かお土産を持っていきたいと思いました。そこで、参加の機会をいただいた主催者のS氏と I 氏に、そして二人の下で事務局で走り回っているであろうM氏に、小さなお菓子を用意することにしました。その時ふと、ほかの人にも日本のフツ―のお菓子を試してもらい評価を知りたいと、ほんの出来心で思ったのです。題して人気投票、とでもいいましょうか。

ともあれ、甘いの辛いのとり交ぜてこれらのお菓子を持っていきました。
okashi_.jpg
ちなみに、コアラのマーチは以前、スリランカ出張の前にスリランカの同僚から頼まれたものでした。「日本で食べたコアラのマーチが忘れられない。特に、あのイチゴの方は絶妙」とまで言われ、私は初めてコアラのマーチにイチゴ味があることを知ったものでした。ほかは、昔からよく見るものばかりで、写真にはありませんが、これに「じゃがりこ」「キットカット」もありました。

さて、結果はいかに?



何日かにかけて各テーブルに小分けにしたところ、以下の結果となりました。

おしなべて人気(あっという間になくなる)
・じゃがりこ
・キットカット

わりと人気(東アジア・東南アジアでは、すでに知られている)
・ポッキー

なかなかいける、美味しい(でもそれほど辛いとは思わない反応)
・柿の種

普通においしい
・カラムーチョ (←私のお気に入りだが。。)
・スティックポテト

番外編
「○○(←別の参加者)に聞いたんだけれど、Sainah (←わたし)が持っていたというキャンディー、まだある?レモンの味ですごくおいしいって話だけれど」
これを何人に聞かれたことか。たまたま持ち歩いていたカバンのポケットに数個あっただけのものでしたが、それはコレです。(ある意味、一番人気

okashi2__201507191953363f5.jpg

意外なところにニーズがあったものです。

プロフィール

Sainah

Author:Sainah
仕事&興味:途上国と開発援助 [セクター] 農業・自然環境・生態系
少数民族、伝統文化、科学・技術、時間管理、組織マネジメント、外国語(☜ 日本語とあわせて日々奮闘中)、海より山、温泉、古いもの好き、ABBA、中島みゆき

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter
FC2ブログランキング
カチッ♪クリックしていただけると  はげみになります ↓

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター